貴金属は色んな用途で愛用されている

貴金属とは、女性が好む装飾的な用途である金(Au)や銀(Ag),白金(Pt)、それらの合金をも称しているが、特に金の場合は黄金色に輝く色合いで美しい金属光沢を保つのが好まれている。 また、此等の貴金属のことで金,銀,銅ねどはお金や貨幣の代理としても応用されてていて貨幣金属(coinage metal)とも称しています。

此等の金属は、一般的には高価で希少な金属を言うようであるが,それに化学的には極めて安定しており、空気中で加熱しても酸化されにくい金属のことであり、物理的にも展性や延性にも優れていて、これは即ち、加工がしやすく装飾品や金箔などの保護剤としても重宝がられています。

従って、用途としては装身具や歯科医の合金歯などの使用や,特に金は半導体のメッキや LSIの材料として重要である。 又、白金という貴金属は融点が高く,化学的な耐食性,化学反応における触媒作用が強いので電気の接点,化学触媒などに広く用いられています。

ただ、化学的に安定しているとされる金や白金でも、特殊な環境の中では化学変化を起こし腐食されるときもある。 例えば、金は乾燥ハロゲン(乾燥した環境での弗素(ふっそ)・塩素・臭素などで此等の総称をハロゲン元素ともいい、化学変化、化合物を作りやすい元素)、特に臭素には侵されやすいとされる。

又、塩酸と硝酸の混合酸である「王水」や特殊環境下での青化カリ溶液(シアン化カリウム)には溶解する。 因みに、金メッキはシアン化金の状態で行うのが一般的。

尚、金,銀、白金は、其れ自体が国際的に相場が有って、常に等価交換で取引や売買ができるし、特に世情が不安定になってくると貴金属の値段が上がるとされていてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です